有理数計算プログラミング環境

早稲田大学理工学術院 寒川 光

 

 

有理数計算プログラミング環境の作成用ファイル

2015年6月の最初の版に,interval型の変数を加えました.プログラムファイル ratprg2015Aug.tar は ここからダウンロードできます.ファイルは .h,.cpp,Makefie, .txt, .sh を含みます.runsehfv3int.sh で実行したときの検証用のデータはveriディレクトリにverify.tar を展開して置いてください.verify.tarはここからダウンロードできます.プログラミング環境の解説はLongintRational.pdf に,例題集の解説は(書きかけですが) eigvieta.pdf を参照してください.寒川のメールアドレスは samukawa@sic.shibaura-it.ac.jp です.

関連ファイル

『IT Text HPCプログラミング』の2次元トラス構造解析プログラム CT2D に固有振動モード解析を加えるためのプログラムファイルで,CT2D/FT2D はオーム社のオーム社ダウンロードサービス

CT2D に固有振動モード解析を加えるためのプログラムは ここからダウンロードできます.プログラムの解説は上記の"eigvieta.pdf"にあります.

十進BASIC の有理数モードを使用した例題が,例題集に含まれています.プログラムは ここからダウンロードできます.


このページのURIはhttp://www.oishi.info.waseda.ac.jp/~samukawa/index.html

最終更新 2015/6/25